キャバクラとガールズバーの違い

キャバクラで働こうと思っていたところ、最近人気のあるガールズバーを勧められた… そんな経験のある人もいるかもしれません。
ガールズバーとキャバクラとの違いは一体何なのでしょうか?
キャバクラとの大きな違いは、キャバクラが「接待」なのに対してガールズバーは「接客」になります。
具体的には、お客様と一緒に座ってお話したりお酒を飲んだりして「接待」する仕事がキャバクラ、 一方でガールズバーの方はバーテンダーとしてお酒やカクテルを作り「接客」するお仕事を指します。

ガールズバー形式のお店の求人は増えている

そして近年、このガールズバーという形式のお店が増えているようです。
ガールズバーではキャバクラのように自分を売り込むためにお客様に営業メールを送ったりする必要がないので、プライベートを確保できるというメリットがあります。
また、自由出勤制のお店が多いため。稼ぎたい時に一気に稼ぐ…という働き方が出来る点も人気の理由です。
ガールズバー形式のお店は増えているため、30代でも働けるガールズバーのバイトが多い事も特徴の一つです。
ただし注意点として、店舗の数が多いということは優良でないお店も多いということです。
禁止されている接待をさせられたりするお店もあるので、体入ドットコムのような信頼できる 求人サイトを利用しましょう!